芸能ニュース

1: 2021/12/31(金) 14:20:41.803

【【画像】国民的コスプレイヤーえなこさん、ボートレースのコスプレをする】の続きを読む

1: 2021/12/31(金) 06:58:13.54
阿澄佳奈

声優の阿澄佳奈(38)が32日、自身のツイッターを更新し、離婚と再婚、そして妊娠を報告した。 阿澄は「応援してくださっているみなさなへ」として「私事で恐縮ですが、ご報告をさせてください。3年前に離婚をし、今年再婚をして今おなかに新しい命を授かっています」と報告。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0636c1e975398e40078332045e9a329604904f59



【【悲報】声優の阿澄佳奈さん(38)、離婚し再婚し妊娠していた】の続きを読む

1: 2021/12/30(木) 16:38:52.40
こじるり

小島瑠璃子「2年間無駄にした」の“逆なで”発言、滲み出る『キングダム』作家への誤算

《私、なんか、今27なんですけど、もうすぐ8になるんですけど、マジで2年間無駄にした気がするんですけど……》

 12月4日放送の「さまぁ〜ず三村マサカズと小島瑠璃子の『みむこじラジオ!』」(ニッポン放送)に出演した“こじるり”こと小島瑠璃子。番組のオープニングで唐突に発言すると、三村マサカズも「何があった?」と心配したのだった。

「続けて“恋愛みたいなこと?”と三村さんが向けると、“全然、全然。むしろ仕事の方”と、どうやら30歳が見えてきた自身の仕事の悩みのようでしたが、詳細は触れずじまい。

 ただ、彼女の場合は“2年間無駄にした”に他意はなくても、どうしても原泰久先生との“2年間”を想像させるわけで、特に彼の元奥さんからすれば傷をえぐり返す“逆なで”発言と捉えられてしまう恐れも」(芸能リポーター)

 人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との19歳差愛が報じられたのが、2020年8月のこと。福岡県内にある原氏の自宅に2連泊したことを『週刊ポスト』が報じたのだが、この時点ですでに元妻と離婚、3人の子どもとも別離していた原氏だけに、交際は何ら問題ないように見えたのだが……。

【こじるり、泣く「私もうすぐ28なんですけど…キングダム作者と付き合った2年間無駄にした気がする…】の続きを読む

1: 2021/12/30(木) 07:57:34.52
なるみ

かわいそう

【【声優】成海瑠奈さん、芸能界引退・・・】の続きを読む

1: 2021/12/29(水) 09:58:28.44
ベック

「BECK」酷評にショック…「僕はオワコン」映画監督、堤幸彦66歳の今 キャリア初の自主映画で反転攻勢へ

堤監督は自身について語るとき、「メジャーのど真ん中にいる人間ではない」「作品を作りすぎて話題性がない」
「たくさんのカットを撮ってきたのは確信のなさの表れ」など、意外なほど辛辣な言葉を使う。
多くのヒット作を放ちながら、なぜそこまで自己批判的なのか

「ネットの評判や点数なんかを見てしまうと、どうしてもね…。そんなことをいちいち気にするなんて、情けないでしょう?
でも、僕としては観客の気持ちに応える作品を素直に作っていたつもりが、多くの人にとっては全然そうではなかったんですね。
ラジオ番組の映画評なんかでも、ずっとボコボコにされてきましたから」

「特に酷評されたのは、『BECK』かな。僕はロックバンドの経験もあるので、自分をロック側の人間だと思っていたのに、
『ロックじゃない』と評されたのがものすごくショックで。内心『そんなことないわ』と思ってはいたけど、
『ロックの描き方が記号的で魂がない』とか『この映画のどこに14、15歳でギターを始めた頃のお前の気持ちがあるんだ』と言われたら…すみません。
実際その通りだったかもしれない。自分をオワコンだと感じるようになったのは、その辺りからです」

https://maidonanews.jp/article/14502760

【映画監督・堤幸彦「宇多丸にBECK実写版を酷評されて心が折れた。自分はオワコン。映画やる気失せた」】の続きを読む

このページのトップヘ