スポーツニュース


【えっ本当?】那須川天心がキックボクシング引退を正式発表!次の目標は何?

今度は新しくボクシングにに転向するということで、キックボクシングはボクシングと違い顔面を中心に上半身を打ち合う競技、キックボクシングとはまた違った過酷さがある競技だと思います。

一からの再出発を是非がんばってほしいですね

NO.9388070
那須川天心、キックボクシング引退を正式発表!
那須川天心、キックボクシング引退を正式発表!
TARGET / Cygamesは10日、所属する那須川天心が、同日に放送されたTBSテレビ系『炎の体育会TV』で発表の通り、2022年3月開催予定の『RISE』での試合を最後にキックボクシングを引退し、ボクシングへ転向することを発表した。
那須川が今後出場するキックボクシングの試合数は、最少で2試合、最大でも4試合を予定。また、キックボクシングを引退後は同2022年中のボクシングデビューを目指す。2022年、RISE世界フェザー級王者・那須川が、迎え撃つ立場を捨て、ゼロからの挑戦者となる。
史上最年少16歳で 『RISE』のバンタム級王座を獲得し、「神童」、「キックボクシング史上最高の天才」などと称されている那須川。2022年3月をもってキックボクシングを引退し、ボクシングへ転向することが正式に決定した。
現在はキックボクシングの練習に加え、パンチの技術を上げる練習をメインにボクシングデビューに向け準備中。キック引退の2022年中にデビューを目指す。那須川は最強のチャンピオンとして、ここ数年、常に挑戦者を迎え撃つという立場だったが、その立場に甘んじることなく、“常に挑戦していたい”という本人の思いから、キックボクシングを引退し、ボクシングへ転向することに。
転向に対して、本人は「キックの技術があるからこそ、ボクサー相手にも通用する部分があると思う。転向へ向けてボクシングの練習を開始してからは、毎日刺激しかない。ボクシングにおいては一番下からのスタートだから、上にどれだけ強い選手がいるんだろうってわくわくする」と話している。
■那須川天心コメント

――キックボクシングへの思いを教えて下さい。
那須川:プロの格闘家の道に進ませてくれたキックボクシングには愛着もあり、感謝の念が強いです。しかし、まだ22歳。“無敗のチャンピオンとして挑まれる立場”のキックボクシングは一旦ここで卒業し、自分がゼロからの挑戦者になれるボクシングの道を次のフィールドとして選びました。
――キックボクシング残り数試合、どのような気持ちで臨みますか?
那須川:全試合KOしたいですね。ただ、引退へ向けたカウントダウンとなる数試合だからといって、いつもと何かを変えるのではなく、これまで通りの準備・調整をして試合に臨みたいと思っています。
――ボクシング転向への意気込みをお答えください。
那須川:ボクシングではゼロからのスタートなので、“挑戦者としての那須川天心”が勝ち上がっていく姿を、ぜひ見ていただきたいです。
――ファンへ一言お願いします。
那須川:キックボクシングは2022年3月で卒業しますが、必ずボクシング業界でも革命を起こします。皆さん引き続き応援宜しくお願いします!

【日時】2021年04月10日
【提供】Entame Plex
【関連掲示板】


【【えっ本当?】那須川天心がキックボクシング引退を正式発表!次の目標は何?】の続きを読む


2004年から採用されているなでしこジャパンの由来は、アテネオリンピックアジア予選として行われた「AFC女子サッカー予選大会2004」の際に「大和撫子」(やまとなでしこ)という言葉がよく使われたことと、その大和撫子が「世界に羽ばたき、世界に通用するように」との願いを込めて「大和」が「ジャパン」となったものである。
86キロバイト (7,769 語) - 2021年4月8日 (木) 10:48


なでしこジャパン完勝!さすが女子サッカーいいですね!オリンピックやるかどうかわかりませんが楽しみです。


男子サッカーだと南米は競合だけ女子の試合だと圧勝ですね!
まだ実力は発展途上なんでしょうね

1 久太郎 ★ :2021/04/08(木) 18:56:59.64

国際親善試合が8日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とパラグアイ女子代表が対戦した。

 約1年ぶりの代表としての対外試合はユアテックスタジアム仙台で開催。DF鮫島彩やFW岩渕真奈らがスタメンに名を連ね、キャプテンマークは中島依美が巻く。

 試合は立ち上がり日本がボールを保持し押し込む展開に。開始早々の2分、左サイドから崩し一度は阻まれるもこぼれ球に反応したのは杉田妃和。開幕シュートは枠に飛んだもののGKに阻まれゴールをとはならなかった。続く3分にも決定機。右サイドからのクロスに岩渕真奈が飛び込むも当てられずに流れた。

 すると6分にスコアが動く。右サイドからのボールに岩渕とナタリア・ペーニャが競り合うと、こぼれたところに南萌華。豪快に蹴りこみチームに先制点をもたらした。1点リードの日本は26分、縦パスを受けた三浦成美がペナルティエリア内で繋ぎ、岩渕が相手DFに体をぶつけつつシュートを流し込みスコアは2-0となった。

 さらに37分、右サイドで獲得したFKを蹴るのは中島。岩渕が頭でコースを変えたボールが相手選手に当たりこれがネットを揺らし、なでしこジャパンは前半のうちにリードを3点に広げる。

 前半終了間際の44分、菅澤優衣香が中央でパスを受けターンしてシュート。これも枠をとらえたが相手守護神イサベル・オルティスが立ちはだかった。

 3点のリードを手にして迎えた後半。次にネットを揺らしたのも日本だった。52分、宝田沙織を起点に岩渕、三浦と繋ぎ最後は菅澤。難しい体勢となったが冷静に沈め後半の立ち上がりを制した。63分には岩渕がラインをちぎって宝田の縦パスに反応。冷静にお見合いとなったDF、GKを避けて押し込み今日2点目を記録した。

 80分には中央を割った浜田遥、中島と立て続けに襲い掛かるが守護神オルティスがはじき出す。さらに87分、スルーパスに抜け出した田中がGKオルティスとの1対1を迎えたが、シュートはオルティスに*りポストを叩いた。

 後半アディショナルタイム2分には途中交代の籾木結花が結果を出す。不十分なクリアを拾った椛木が冷静に流し込み6点目。さらにこちらも途中交代の田中美南が頭で合わせ後半アディショナルタイムに2得点を重ねた。

 試合はこのまま終了。なでしこジャパンはパラグアイ代表を7-0で下し完勝をおさめた。なでしこジャパンは続く親善試合で11日、パナマ女子代表と対戦する

【スコア】
日本女子代表 7-0 パラグアイ女子代表

【得点者】
1-0 6分 南萌華(日本)
2-0 26分 岩渕真奈(日本)
3-0 36分 オウンゴール(日本)
4-0 52分 菅澤優衣香(日本)
5-0 63分 岩渕真奈(日本)
6-0 90+2分 籾木結花(日本)
7-0 90+3分 田中美南(日本)

【スターティングメンバー】
■なでしこジャパン
池田咲紀子;清水梨紗、鮫島彩、南萌華、宝田沙織;杉田妃和(85分 木下桃香)、中島依美、三浦成美(80分 林穂之香)、北村菜々美(66分 籾木結花);岩渕真奈(66分 田中美南)、菅澤優衣香(66分 浜田遥)

https://news.yahoo.co.jp/articles/67c35de18a30c231d8b4d761ec997d5cf4634e83


【なでしこジャパンVSパラグアイ 日本完勝!勝因はやっぱり〇〇】の続きを読む


室伏 アレクサンダー 広治(むろふし アレクサンダー こうじ、Koji Alexander Murofushi、1974年〈昭和49年〉10月8日 - )は、日本のスポーツ科学者、国家公務員、ハンマー投選手、東京医科歯科大学教授、スポーツ庁長官。 静岡県沼津市出身。中京大学体育学部卒業、中京大学大
58キロバイト (5,847 語) - 2021年3月1日 (月) 06:35


この人って凄く頑丈そうで病気とかにならなさそうなのですが、悪性脳リンパ腫という報道があり、名言は避けているということは何かありそうですね。

本当に無理なさらないでほしいですね。
体がダメになったら何もできないのだから・・・

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/04/07(水) 13:18:22.99

4/7(水) 12:58
日刊スポーツ

室伏広治氏に悪性脳リンパ腫報道 明言避けるも体調「大丈夫です」
室伏広治スポーツ庁長官
04年アテネ五輪(オリンピック)陸上男子ハンマー投げ金メダリスト、スポーツ庁の室伏広治長官(46)が難病の悪性脳リンパ腫と闘っている、と7日のデイリー新潮が報じた件に関して、室伏長官が同日、都内で取材に応じた。

事実関係について「個人情報ということで、話さないようにしています」と明言は避けたが「影響ないという風にさせていただいてますから」と否定せず「応援よろしくお願いします」と語った。

治療のため4月半ばに、再び入院する予定との報道には「ちょっとまだ」としつつ「業務のところは、ちゃんとやるということでご理解いただいて。そういう言い方をさせてもらっています」と説明した。

体調については「大丈夫です。石も、俵も持ち上げていますので」と力強く答えた。

スポーツ庁は同日、長官名で書面でも回答した。

「本日の一部報道について」

「本件についての詳細については個人に関する情報であるため、回答を差し控えさせていただきます」

「なお、これまでも公務に支障を来さないよう努めており、今後も東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて、関係者と一丸となって全力で努めてまいります」

「令和3年4月7日 スポーツ庁長官 室伏広治」

【木下淳】


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/71b90bc21eb56b982de4901d405946de3686826f


【室伏広治氏が病気?!悪性脳リンパ腫の報道があったが大丈夫なのか?】の続きを読む


池江 璃花子(いけえ りかこ、2000年7月4日 - )は、東京都江戸川区出身の競泳選手。専門は自由形とバタフライ。2018年8月28日現在、身長171cm、リーチは186cm、足のサイズは26.5cm。ルネサンス所属。マネジメント契約先は株式会社ジエブ。2019年7月30日現在、個人種目11個とリ
185キロバイト (9,015 語) - 2021年4月6日 (火) 09:15



(出典 www.news-postseven.com)


池江璃花子選手の「努力すれば必ず報われる」という発言に批判が集まっているようですが、本当に彼女なりに努力したんだと思います。
白血病という病気と闘いながら・・・それは尊いことだと思います。

しかし根本的な問題があります。
本当にオリンピックが開催されるのでしょうか?

1 ボラえもん ★ :2021/04/07(水) 08:53:07.85

 水泳の池江璃花子(20)が5日、ツイッターを更新。「努力は必ず報われる」という言葉について自身の思いを語った。

 池江は4日行われた日本選手権兼五輪代表選考会の女子100メートルバタフライで優勝し東京五輪パラリンピック出場を内定させた。

 レース後には「苦しくてもしんどくても努力は報われるんだなと思いました」と涙ながらに語った。

 このニュースに陸上の藤光謙司は4日、ツイッターで「本当にすごい!!すごく勇気をもらいますね 本当におめでとうございます」と祝福。
その上で5日には「努力は必ず報われる。スポーツの世界でもよく聞く言葉だ。そんなニュースを目にすると僕自身も勇気をもらったりする。
しかし、勝者=報われるという考えだと大半の人の努力が報われていないことになる。正しい努力とは一体何なのか」とアスリートならではの思いをつづった。

 池江は藤光の投稿をリツイートし「確かに深く考えさせられる言葉ですね…。自分の過去では、努力してた先に『病気』が待ち受けてて、
積み重ねてきた“努力”が全て無駄になった気がしました。パリを目標と言っていた心のどこかには東京五輪に行きたいという気持ちも少なからずあって、
それを達成できたからこその言葉なのかも知れません」と自身の努力の過程を冷静に分析。

 その上で「どんな人も、努力はしてると思います。ただその努力という定義も難しいな、と思います
本気で目指してきたことをたとえ達成できなかったとしても、その努力は必ず誰かが見てて、誰かが勇気をもらえるのではないでしょうか」と前向きな言葉をつづった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/13297675cd2a868726fa0772ff34b44f266512bd

★1が立った時間:2021/04/06(火) 13:37:44.79 
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1617726555/


【【池江璃花子】白血病を乗り越えて復活「努力すれば必ず報われる」発言が炎上する理由とは?】の続きを読む

このページのトップヘ