」という名前は、澤部が生まれた当時、大相撲で大関として活躍していた北天佑から取って名付けられた。 曽祖父は茨城県下妻市初代市長澤部元信。 兄は小学校の教員。兄とテレビゲームをしていた時に喧嘩になり、8年間口を利かない時期があった。しかし、澤部が19歳の時に「ゲームがきっかけ」で和解した。
33キロバイト (4,294 語) - 2021年6月9日 (水) 12:48



(出典 upload.wikimedia.org)


マニュアルってすぐやり方忘れたわw

1 muffin ★ :2021/06/25(金) 12:38:41.95

https://sirabee.com/2021/06/25/20162603727/

お笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑が24日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。オートマチック(AT)限定免許を選択した理由を明*と、インターネット上で共感の声が上がった。

コンビで出演するラジオ『ハライチのターン!』(同局系)で、たびたび勃発するAT限定論争。35歳にしてAT限定免許を取得した澤部を、相方・岩井勇気が一蹴したのが始まりだった。

この日、出演した男性陣が全員マニュアル(MT)免許だと判明し、AT限定は澤部だけに。岩井からは「オートマ限定は、やっぱりダサい」と、あらためて酷評された。

しかし、澤部も「その考えが古くない?」と反論。「だってマニュアルに乗れないんだよ?」と指摘されても「乗る必要がないから」「今は必要ない、あんなガチャガチャしなくてもいい」と意見を曲げない。

免許を持っているが、現在はマニュアル車を乗ってないという共演者たち。澤部が「話おかしくない?じゃあオートマでいいじゃん」とツッコむも、岩井は「そこがつまんなさだよ、お前の。岩井派の勝利ですね」と勝ち誇った表情。嵐・櫻井翔は「世代的な問題かな」と、まとめていた。

“AT限定イコールダサい”に、最後まで納得しなかった澤部。

ツイッター上には、澤部に共感する声や応援コメントが見受けられ「世代同じだがオートマ限定! マニュアルで取れって言われたけど、そんなの知らん、乗らんだろ! と澤部さんと同じ主張して限定取った。マニュアルで取らなかったのダサいとか言う人嫌いだわ」「別にオートマ限定でもいいと思うけどなぁがんばれ澤部」「澤部さんのオートマ限定説わかる。みんな蔑まされるけど、絶対マニュアル車運転すること人生でないからAT限定で正解」などの投稿が。

一方で「免許MTにしとかないとATだと他の免許取る時に時間かかるしスポーツカー乗れないしデメリットが結構ある」とMT派の意見も散見されていた。

★1:2021/06/25(金) 10:55:47.60
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1624586147/


【【芸能】澤部佑、MT免許をバカにしてしまうwww】の続きを読む


ワクチンの開発を進めた。同年年末には数社がワクチンの開発に成功し、12月8日にはイギリスでファイザー社のワクチンの接種が開始された。 2020年時点で接種が行われているワクチンは大きく#生ワクチンと#不活化ワクチンに分かれる。一方、COVID-19ワクチンは、RNAワクチン、DNAワクチン
49キロバイト (7,475 語) - 2021年6月11日 (金) 22:43



(出典 upload.wikimedia.org)


もう終わりだよ・・・

1 シャチ ★ :2021/06/25(金) 12:11:07.95

6/25(金) 11:23配信 ABEMA TIMES
https://news.yahoo.co.jp/articles/3f23e08a0f87153dca94cadd233cdba255bcdb4b

 新型コロナウイルスの感染拡大の中心となっている南米で確認された新たな変異型 「ラムダ型」について、専門家はワクチンが効きにくい可能性を指摘している。

 WHO(=世界保健機関)は14日、「注目すべき変異株」に南米で拡大している「ラムダ型」を追加。去年8月にペルーで初めて確認された「ラムダ型」は、最近ペルーで起きた感染の81%を占めており、アルゼンチンやチリでも30%以上を占めている。

 ニューヨーク大学の多田卓哉博士研究員によると、ラムダ型にはこれまでに無い変異が細胞との接続部分にあり、既存のワクチンの有効性が下がるという。
(ANNニュース)


【【新型コロナ】南米でワクチンの効果を下げる変異株「ラムダ型」が登場してしまうwww】の続きを読む


飯塚 幸三(いいづか こうぞう、1931年〈昭和6年〉6月1日 - )は日本の研究者、通商産業省技官。東京大学工学博士。専門は計量学。測定器誤差と形状誤差を分離して真円度・円筒度測定ができるマルチステップ法の開発者。 15年間委員を務めた国際度量衡委員会では日本人初の副委員長にも就任し、世界計量記
52キロバイト (6,187 語) - 2021年6月22日 (火) 05:27



(出典 cdn.pixabay.com)


上級国民つよすぎw

1 ニライカナイφ ★ :2021/06/25(金) 12:06:36.76

◆ 世論は猛反発?

刑事訴訟法の第482条は、刑の執行停止について定めている。

その中で8つの事由が挙げられているが、ここで注目したいのは【1】と【2】だ。

それぞれ引用してみよう。

【1】刑の執行によって、著しく健康を害するとき、又は生命を保つことのできない虞(おそれ)があるとき。

【2】年齢70年以上であるとき。

2019年4月に起きた東京・池袋の暴走死亡事故。

旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)が運転する乗用車「プリウス」にはねられ、松永真菜さん(当時31)と長女・莉子ちゃん(同3)が死亡した。

飯塚被告は刑事裁判で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われている。

東京地裁では6月21日、遺族の松永拓也さん(34)が被害者参加制度を利用し、被告に法廷で質問を行った。

被告は車の不具合が原因と主張し、無罪を訴えている。

松永さんが証拠との矛盾を指摘しても、「自分の記憶では、ブレーキを踏んだのにますます加速した。車の電子系統に不具合が起こることは時々ある」と反論。

無罪の主張を改めることはなかった。

真菜さんの父親・上原義教さん(63)も出廷し、飯塚被告に事故後の生活を質問した。

すると返ってきた答えは「持病のリハビリが辛い」と答えた。

■ 収監されない可能性

日刊スポーツ(電子版)は6月21日、記事「飯塚幸三被告『リハビリ…つらい毎日』 筋違い回答に遺族涙し憤り『軽蔑』」を配信した。

この記事から、飯塚被告の回答を引用させていただく。

《事故の年の暮れくらいから、ふらつきが非常に大きくなりまして、病院を変えました。難病であることも秋に分かり、毎日、リハビリしか…薬が効かないんです。運動機能を低下させないよう毎日、やっております。なかなかつらい毎日です》

耳を疑う発言だが、閉廷後の記者会見で上原さんは「この人はどうしても直らない」と強く批判。

「私が*でした」と涙を浮かべた。

松永さんも「毎日辛かったですって、よく言えたな」と憤り、「あの人は変わらない。軽蔑しました」と無念の表情を浮かべた。

飯塚被告に対する疑問の声が、どれだけネット上で渦巻いたかは、今さら言うまでもない。

法廷の場面に話を戻すと、松永さんは飯塚被告に「刑務所に入る覚悟はあるのか」と質問すると、被告は「はい」と答えた。

だが法曹関係者から「刑務所には収監されないかもしれない」との声が上がっているのをご存知だろうか。

■ 刑務所は不安視?

「6月22日に放送された『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作・日本テレビ系列・平日・13:55)でも裁判の模様が伝えられました。コメンテーターとして出演していた中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也氏(59)は、たとえ飯塚被告に対する実刑判決が確定したとしても、高齢により収監されない可能性があると指摘しました」(担当記者)

なぜ収監されない可能性があるのかと言えば、冒頭でご紹介した刑事訴訟法の第482条で《著しく健康を害するとき》や《年齢70年以上であるとき》と定められているからだ。元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏が言う。

「実刑が確定した被告人を収監するかどうか決定するのは検察庁です。刑事訴訟法には《年齢70年以上》と書かれていますが、近年は元気な高齢者が増えています。刑事裁判の現場でも同じです。今では80代でも収監されるケースは珍しくありません。実質的に《年齢70年以上》の事由は有名無実化しつつあると言えるでしょう」

だが飯塚被告は70歳どころではない。1931(昭和6)年の生まれで90歳。柳条湖事件が起き、満州事変が勃発した年だ。

刑務所は、行進で移動したり、工場で作業したり、という日課がある。【1】の《刑の執行によって、著しく健康を害する》可能性について議論になるかもしれない。

■ 実刑判決の可能性

「2019年の実況見分で、飯塚被告は杖をついていました。公判にも車椅子で出廷しています。法廷戦術の一環として、高齢を強くアピールしているのかもしれません。しかし、あれが本当の健康状態だとすれば、特に現場の刑務官から『収監は難しい』という意見が出る可能性はあると思います」(同・若狭氏)

▽引用ここまで。全文は下記でどうぞ
https://news.livedoor.com/article/detail/20425727/


【【池袋暴走】飯塚幸三被告、有罪確定でも刑務所に入らない模様・・・】の続きを読む

このページのトップヘ